2012年5月7日月曜日

2012-05-07GPSロガーの精度



HOLUX m-241

先日の比良山系ハイクにも持参して、
ちゃんと記録したつもりだったんだけど、
帰ってログを取り込もうとしたら記録がない。あれ?

4月28日の山行終わり、トンネル西口で道路に落としてたので、
後遺症が残っているのか気になった。

試しに、朝ONにして、机の上に放置してみた:-)


帰宅して、ログを取り込んでみると、
どうやら、一人で19km徘徊したようだ:-)
9時間で累積標高も1500mある。




平面の移動で見ると、こんな感じ。




ロガーの精度ってこんなもの?それとも、やっぱ壊れた? ^_^;






4 件のコメント:

紀州のカモシカ さんのコメント...

軌跡を取るロガ-は「WBT202」を使っていますが、室内等衛星電波の弱い所などではこのような結果を示します。外でも少しは軌跡が動きますので移動しなくても少し距離が伸びます。僕は設定で5m以上動いた時にポイントを記録するようにしてから、頂上等でリックを置いたりしたときは、移動距離は0mで時間だけ記録してくれます。
尚高度は誤差が多いいですね。軌跡の高度は後でカシミ-ルの地図の高度に変換しています。

jyd nikkor さんのコメント...

紀州のカモシカさん
大まかに、10時間で20kmの誤差ですから、
累積データは余り役に立たないですね^_^;

測定時、100mの誤差が出る玩具だと妥協します:-)

キバラー さんのコメント...

誤差はこんなものですね。
最近のガーミンのロシアの衛星や日本のみちびきまで受信できるGPSだともっと精度は高いと思います。
大杉谷を歩いたログが上のいずれにも対応してなくて飛びまくって使い物にならないログになってました。
高感度チップでかつWAASに対応しているのですがまだまだ不足みたいです。

jyd nikkor さんのコメント...

キバラーさん
やっぱり、こんなものですか。
昨日、設定を、距離50m動いた時として屋外で放置したら、さすがに静止してました。
今度は、設定を時間にしてみて、もう一度テストしてみようと思います:-)