2012年7月16日月曜日

2012-07-14,15南アルプス:北岳・間ノ岳


今年のアルプスは、”南”にしてみた。

天候と体調を考慮し迷いに迷い、13日の夕刻、バスの出る戸台口へ向かった。

広河原からのスタートは、都合で8時。

初日は、北岳山荘にお泊りして、次の日3000m上空を駈ける予定。
疲労溜めない様にせっせと登る。

高度が上がると、息が辛い。
ガスも出てきて、視界なし。

稜線に出ると、ものすごい風だ(@_@)
北岳背ノ小屋に入って、ピークシェル羽織らせてもらう。

当然、北岳は強風かつガス。
景色ないので、撮ってもらった^_^;



もう急ぐ必要もなく、前の翁について行く。

すると、山荘に向かう下りで一瞬視界が開けた(^o^*)/



富士山も確認できた(^o^*)/



13時過ぎに小屋に到着。

夕刻、ガスがとれた。



山小屋のオヤジに、コースについて色々訪ねてみる。
「こう行きたいねんけど(赤+黄緑)、今日みたいにガスが出るとルートファインド難しくないやろか。」



「そこは、あまり人が通らないし、お薦めしない。」
「普通は、間ノ岳ピストンしてお帰りするんだけどね。」

「農鳥岳を踏んでピストンしたら、白根三山踏破ってことで、いいかな。」
「何とか、広河原発北沢峠行きの最終バス14:30に間に合いそうやし。。。」



本当は、2泊でグルリとしたかったんだが:-)
(黄緑+赤+水色)



この日はお客が多いとのことで、
小さい布団に二人ずつ入ることになり、素晴らしい寝心地^_^;
携帯した耳栓は有効だったけど、30分に一度時刻を確認するような窮屈さだった。


15日5:00発。
ガスしっかり、風強し、
いや、ものすごい強風だ(-.-x)

こんな中、縦走で南下する人はかなり多いのが不思議だ。
シルバーさんはもちろん、若い男女も同じくらい多い。


農鳥岳ピストンで山荘に10時着予定としたけど、
とりあえず、2時間半進んで、引き返そう。

2日目は3000mを駈けるんだと意気込んでいたが、
一泊しても空気の薄さに馴染めず、ちょっとの登りで直に息切れしてしまう。
更に、ものすごい風で体温を保てない。

6:10
間ノ岳山頂は、気力を断絶させる強風。



撤収だ。


とぼとぼ引き返すと、体温さらに奪われる。

山荘で少し温まらせてもらって、気合い入れ直し、
自分の体温で温まるしかないと、飛び出す。

下りは、左俣の雪渓を滑りながら楽しませてもらった。



後記:

お花畑は至る所に有り、楽しませてもらった。
風が強くて、写真は撮れず:-)

標高が高いと息切れして歩くのもやっとで、駈けれなかった。
3000m級はやはり侮れない。

雨が降らない予報とはいえ、あの強風&ガスの中を大勢の人たちが進んで行かれるのに
驚きというか、事故が起こらない事が不思議に思えた。

下りでは、お昼過ぎようとしているのに、
まだまだ登っていく人たちが多く、山頂の天候に、貴重な体験をされるのかと
「お気をつけて」としか言えないが、無事を祈った。


梅雨明け間近の南アルプスを堪能させてもらった。 感謝。




8 件のコメント:

産六 さんのコメント...

一昨年相棒が白根三山を縦走して
『オヤジは行かれへん!』(高度感と農鳥からの下りの吊り橋で)
と宣告されて、あの辺りの記事は見ないことにしていたんですが...(笑)

同じアングルの写真、懐かしい(笑)ですねー。

jyd nikkor さんのコメント...

産六さん
白峰三山縦走は、メジャーコースなんですね。
行く前はあまりガイドブック見ないので、認識してませんでした。
お天気良ければ、最高の天空山行だと思います。
今回は、山の厳しさ教えられました^_^;

中村 さんのコメント...

悪天候の中、スカッと抜けた景色は最高だと思います!
高山のランは想像以上にキツいでしょうね・・・
また色々お話聞かせてください!

jyd nikkor さんのコメント...

中村さん
今回の山行は、天候イマイチなの覚悟していました。
行けただけラッキーです。
2日目稜線ルートは、視界がないと辛いだけだったんで、早朝に撤収決めました^_^;
低気圧のせいでなおさら空気薄く、呼吸に負荷かかったかもしれません。
体感0℃でした(笑)

キバラー さんのコメント...

アルプスはまだ雪渓が多く残るところがあるようですね。
雪渓の上を風が滑っていくだけでずいぶん涼しい風が吹きますよね。
北岳は比較的大阪から近いので私も狙ってはいるのですが、どのブログを拝見してもガスっていることがほとんどのようです。
強風で寒い中お疲れ様でした。

jyd nikkor さんのコメント...

キバラーさん
北岳は、山荘に降りる所で一瞬ガスが晴れて、その日の辛さを何とか解消できました。
しかし、次の日は、間ノ岳から先進んでも、ガス&強風ばかりが予想されたので、あえなく撤収^_^;
一度歩いていたルートなら行けたかもしれないです。
人がとても多く、つられて進んでしまいそうな不思議な空間でした。
人がいなくて一人だったら、パニクってたと思います^_^;
さすがに、あの強風では蚊取り線香不要です(笑)虫たちは何処に潜んでるんでしょうね。

黒メダカ さんのコメント...

こんにちは。

同じような日程で北岳に登っていました。
14日に御池小屋でテント泊、15日に山頂往復後、テント撤収し下山した。どこかでお会いしていたかもしれませんね。

jyd nikkor さんのコメント...

黒メダカさん
15日、二俣の雪渓を登られていたら、
私は下ってたので、すれちがっていたんでしょうね:-)
遠く離れたお山ですれ違うって、感慨深いですね。
また、お山でお会いしましょう(^o^*)/