2014年3月19日水曜日

2014-03-19山辺の道

今日はお天気、八経ヶ岳も山行日和と天気予報はいう。


しかし、頂上付近でも気温プラスだったら、ズボりまくりじゃないの^_^;
ということで、お山は週末として今日は体を動かしにお散歩。

選んだのは、春の花をめでに「山辺の道」

30分に1本のまったりJRまほろば線で8時15分天理に降りたら、天理本通りをまっすぐ東へ

ハッピ姿の老若男女が同じ方向に三々五々。
前行く若者二人が自転車を押しながら宗教歌を大声出して唱うのも珍しかったけど、
歩調が同じでちょっと聞くのが辛くなったので、少し立ち止まって距離を開けたが、、、

「黒きはっぴで歌う若者過ごせども 後から歌う人またあり」‏ ^_^;

東へ行き着いたら南へ山辺の道に入る。
道端の花がやさしい 「アンジェリカ」ってか。。


石上神宮では朝のお掃除

「翁よ 今日も枯葉を拾うのか 貴方の姿に 石上の神をみる」


蓮の生える濁った小さな池で、朝から老人数人が釣りを楽しんでいた。
「古池で なにを釣るのや 翁たち」


梅か桃か、収穫しやすいように背を低く剪定されている。


柑橘系の木も多く栽培されてるけど、かなりほったらかしっぽいのが多い。
「鳥も食わぬや 土手のみかん」


これは桜だと思うけど、鶯のような色の小鳥がこぞって蜜?を舐めていた。


「なのはーな♪」


なんとか神社の前を通りすぎようとすると、ひなたぼっこする猫がすり寄ってくる。
お前は「猫」としてのプライドはないんかい!

「ワン!と鳴け  そしたらなんか  くれてやる」@supli31 ^_^;


日も高くなり黄色が更に眩しい。


三輪神社からもう少し南下して、桜井駅へと歴史街道を外れた。


ゆるい日差しの中、お山よりも疲労を感じるのは何でだろう。。。


「春うらら  山の辺歩きて  くたびれる」 ^_^;


今日は、Twitter(@supli31)に呟きながらの散歩でした。  m(_ _)m





2 件のコメント:

ルネオバ さんのコメント...

初めてコメントさせていただきます。
大峰界隈、疾風のように駆け抜けられる記録、いつもこっそり楽しませていただいております。
昨日は春霞も少しだけましだったようで、
春ののどかな山の辺の道の雰囲気、
数枚の写真からもしっかり伝わってきました。
昨日私も、山の辺の道に?なんて迷った挙句、音羽三山に行ってしまいました。
行っていれば、きっと、あっ!と気が付いたと思います。返す返すも残念!
なんて思い、思わずコメントしてしましました。
あ、ちなみに、昨秋白駒池車中泊された時、
同じP内で出発を待機していたようです(^^ゞ

jyd nikkor さんのコメント...

ルネオバさん>
スロトレさん繋がりで拝見しております。m(_ _)m
今回は山行ではなかったんですが、逆にのんびりした印象が新鮮でした。
最近俳句に興味があって適当にやってます(笑)
写真に思いを込める行為にも通じるところあるような気がして。
とは言っても、一眼構えた石上神宮と菜の花の2枚は詠みづらい。。。
レポは鮮度重視でアップしてますが、句の方はちょっとずつ編集してます^_^;

麦草峠でニアミスしてましたか(笑)
近々どこかでお会いすること楽しみにしております(^o^*)/