2014年8月6日水曜日

2014-08-05白山

昨年初めて登って撤退の白山、そのリベンジを常々考えていた。
2つの台風の合間のタイミング、天気予報では下界は晴れだが、
数日前からの全国の雨の様子を見るとお山の上はカラリと晴れそうにない。
けれど、前回の南アルプス周回の後、ここで日帰りを一つ入れておきたかった。

シーズン中なので、マイカーは前回のように別当出合に入れそうにないと、市ノ瀬からのアクセスとした。
通常なら、前泊で早朝からアタックな訳だけど、ルート設定してみるとちょっと時間がたりなさそう。

いつものように、車中で買い出しした弁当・お惣菜を食べながら一人宴会。
出発を深夜1時と設定しつつも、飲みだしたら適当ー。

0時30分発


別山・市ノ瀬道、ヘッテン一つで知らない山道を登っていく。
雨がポツポツ降ってくるし、肝臓は数時間前の酒の処理の真っ最中、
カッパはおって、胃薬飲んで、こりゃ別山ピストンで終わりかもと思いつつ、
高度を上げると更に雨風は厳しくなり、
多分一歩踏み外すとアウトな所を、暗闇の中を進む。

一瞬、ライトの前を何かがかすめた。
カエルかなと思ったら、小鳥。
行者還で踏んづけちゃった種類かな?


4時45分 別山
本来なら、ご来光のはずだけどね、オレンジ色は一切なく、白色ガスが視界を覆う。


白山方向への稜線は軽い下り。
ところどころ池というか小さな沼があったり。



地面にくっついた高山植物というよりは、もう少し丈のある草花が目を楽しませる。


南竜山荘は立派で大きく、ここでトイレ借りた。
水洗・ウォシュレット付、暖かい便座でくつろいでしまった^_^;


天気良ければ展望歩道を行ったんだけど、無難にトンビ岩コースで室堂へ。
室堂は、老若男女の大賑わい。

まずはお池の方へ、


巻道を一旦進んでから大汝峰に登る。
かなりの強風。昨年の水晶岳が思い出された。


下って、お池巡り。
ガスでよく分からなかったけど、血ノ池以外はまだ残雪に覆われていたようだ。


御前峰も強風吹き荒れ、三角点にタッチしてそそくさと下山した。


石垣に、真青な花


室堂に戻ると、更に人が増えている(@_@)
皆さんこの草花を見に来られるんだろう、確かにそれだけの魅力はあるなぁ。

今度はエコーラインを散駈。





分岐から、黒ボコ岩へ返す。
砂防新道から皆さん続々登ってこられる。


ここから観光新道で下山。こちらも花が咲き乱れてる。



出発が早かったので、昼過ぎに経過時間は12時間を越え、下りでの足の負担が大きい。
本来は、市ノ瀬まで自力で降りる予定だったけど、別当出合にエスケープ^_^;


30分おきに出ている14時30分のシャトル便に乗車。
大きなバスにお客は私一人、500円の貸し切りで帰った(笑)

0時30分発、14時30分着、トータル14時間

地図の標準時間はところどころかなりばらつきがあったと思う。


























2 件のコメント:

myouzin1432 さんのコメント...

真夜中にチブリ尾根から登られたのですね。私が登ったときはバテて、足に筋痙攣起こし、ヘロヘロになりながら南竜山荘にたどり着いた悪夢の尾根ですわ。

 やっぱり、白山は高山植物の宝庫ですね。
画像で楽しませていただきました!

jyd nikkor さんのコメント...

myouzin1432さん>
チブリ尾根行ってましたか!
今回は、雑誌でナイトランとか読んで少し影響されてました^_^;
酔っていたせいか暗闇の不安感はなく、ゲロゲロで登ってました。
前回があまりにも不甲斐なかったので、今回は駈け回り尽くしたる!と意気込んでいました^_^;

お花はとても綺麗でしたね、次回はゆっくり堪能したいもんです。