2014年9月15日月曜日

2014-09-14大峯:八経ヶ岳

アルプス遠征で傷めた左膝を癒している間に、季節は急速に秋にシフトしてしまったようで、
立山・劔の記憶に浸っていると置いて行かれそうなこの頃。
完治してないけど、膝のハレもだいぶ治まってきたので、息子と八経ヶ岳へ行ってきた。

天気良く、西口の駐車場もいっぱい。
ハイカーさん達に混ざって、のんびり登っていく。

かえでの葉が少し色づき始めてるかな、青空に映える。


夏場はガスで望めない弥山小屋も、今日はお月様付きでよく見える。


弥山に着いたのは11時過ぎ。
空気はひんやりとして寒気が入っているようだが、まだ日差しは痛いぐらい強い。
夏場山頂を覆っていたガスは高いところに押し上げられ、出てきた雲はまだ夏の積雲。
八経ヶ岳、その奥に仏生ヶ岳、釈迦ヶ岳


苔の胞子も飛散準備完了してる。


弥山・八経ヶ岳間のかえでは、高度が高いのか色づきがすこし早い。


オオヤマレンゲの実は、赤く色づいて更にグロテスクになっていた。


大普賢岳・奥駈道にも積雲が影を落としている。


8時発16時着のまったり8時間。遠足気分で楽しかった。





後記:クマ鈴へのボヤき
久しぶりに、多くのハイカーさんたちと混ざって歩いて気づいたけど、
多くの方がクマ鈴を鳴らして歩いてらっしゃる。
熊に気をつけるのはいい心がけだが、こんなに人が多く歩いてるのに出てくる熊っておらへんで(笑)
チリーン、チリーン、カランコロンうっさいねん(≧ロ≦)

私は、非常用のためクマ鈴いつも携行してるけどめったに鳴らさない。
よっぽど心細い時、熊笹に覆われて熊さんと出くわしそうな時は腰につけるけど、それ以外はリュックの中。
それは山の音を聴きとりたいから。
鳴らしていても、人とすれ違うときは音を止めるようにしている。
そのため、付ける場所も直ぐ手の届く腰にしている。

遠くでチリーンと鳴るのはいいんだけど、
人が多いところで延々鳴らすのは耳障りですので止めて頂きますよう、ご一考ください(≧ロ≦)















2 件のコメント:

キバラー さんのコメント...

親子登山、イイですね~。
息子さんのほうがカラダが大きそうですね!
まだまだお父さんの体力にはかなわないのではないでしょうか。
この連休は最高の天気で良かったですね!

jyd nikkor さんのコメント...

キバラーさん>
今回は、一番楽チンコースに連れて行きました。
それでも尻もちついたり、自分の体支えられてないので、
もっと修行するよう言っときました^_^;