2015年8月2日日曜日

2015-08-01大峯:弥山川遡行

奈良市の天気予報には真っ赤な太陽マーク。


これじゃ下界にいるのは体に悪いよな。
右足完治してなくてもハイクだったらちょうどペース合わせられるだろうとMyJuniorを誘った。

彼は中3、180cm、90kg、柔道初段と、もう既に私には面倒見切れない巨漢に育っている。
昔はこんなだったのに(笑)


6時30分熊渡発。
車は沢山泊まっていたけれど、登山者の姿は男性単独シルバーさん一人だけだった。

林道直ぐに、崩壊地。
数カ月前に通った時より崩壊は進んでいて、かなり高巻きに回避していた。

白河八丁、天気はとてもいい感じ。


ぶらぶらと釜滝


早くも大峯ブルーを予感させる


この辺り、ルート分からんなぁ、やっぱり上級者コースになるんかな。


一の滝、今日もマイナスイオン満載


ここから怒涛の登りハシゴ。
巨漢の彼はかなりカロリー消費してる様子(笑)

仙人ぐら前のテラスでおにぎり休憩。

50mmからクリップ


腕を伸ばしてカメラを下に向けてみた



もう少し登って、沢まで下って。
汗だくの体を弥山川で冷やした(^o^*)/


お約束の、鉄ハシゴを登って、


空中回廊を通って


狼平14時。
かなりのんびり登ってきたし、時間的にこのまま下山かなと思いきや、
彼は弥山・八経ヶ岳周回すると意気込んでいる。
このペースじゃ、暗くなる前にギリギリ下山になるけど。。。
ライト2つ持ってるし、なれた道なのでOKとした。

弥山につくと、今にも一雨来そうな雰囲気。


八経ヶ岳へ進んて行くと、山頂はガスをまといだし、雷が鳴り始めた(≧ロ≦)


山頂は、走って通り抜ける。でも一枚。


とたんに大粒の雨が降ってきてカッパ羽織ってレンゲ道。
またすぐに止んで青空も顔を出し、夏山のウェザーショーを楽しませてもらった。


金引分岐辺りから彼のペースが落ちだした。
足の裏がふやけて痛むのと、股ずれだったらしい。
巨漢をささえられなかったか(笑)
林道手前でヘッテン点けて急ぐこともなく降りていった。

最後の崩落地はなかなか高巻きのトレースが見えず緊張して渡った。


20時着。トータル13時間30分。


一夏の体験に感謝。



2 件のコメント:

bp-hiro さんのコメント...

f^_^;
息子ちゃんと弥山双門って良いですね!
中三ではデカイ方だよねぇ〜

我が家の馬鹿息子は高二だけど、全くダメ囧rz
ゲームばっかりのインドア派(~_~;)

身体も細いし山には向かんですわ……………

13時間しんどいけど楽しい山行でしたね!

jyd nikkor さんのコメント...

bp-hiroさん>
毎度です!

息子は、体だけは大きく育てと育てたら、
ほんとに体だけが育ちました(≧ロ≦)

私も若い時、山登りって何が楽しいの?って思ってました。
きっと息子さんも山の魅力に気づく時が来ると思いますよ(^o^*)/

いや、若い頃から山に興味持ったらチョモランマ行きかねないですよ(笑)