2018年3月18日日曜日

2018-03-17弘法大師の道:洞川<ー>武士ヶ峯あたり

雪のシーズンも終りを迎えたこの時期、くされ雪との格闘を避けて何処へ行こうかと思案。
標高の少し低い雪もなくなったところ。自分の過去のブログも参照^_^;
有馬三山か矢田丘陵か金剛山か山辺の道か春日山原始林か。。。

と、これまで敬遠していたコースを思い出した。
「KOBO Trail ~弘法大師の道~」
横山さん鏑木さんが先導して開拓した、吉野から高野山へのトレランレースだ。今年も5月に行われる。

今の時期、1000m辺りを駈けれるのでお初コースだし、洞川から切り取って行ってみることに(^O^)

天川村役場で準備して、洞川から黒滝村へ抜ける小南峠のトンネルへ。
この時期通行止めだけど自己責任で。

7時発。
稜線への取付きには昨年のものか標識が残されている。


コースには、こんな標識がしっかりあって、更に撮り忘れたけどレース時のKOBO Trailと描いた白くて太いテープが残っていてルーファイ気にしなくて良かった。


道は踏まれてなくて柔らかい。山肌との境界は見えない。低い枝草は切り取られていて、基本尾根伝いで進行方向は分かる。ここをトレランナーさんは走るのか。。。

ハイカーさんはあまり辿ってないようだ、何となく分かる。
ひのき、松、杉の植林地帯で眺望なし。すぐ近くに大峯があるんだものそっちを選ぶよ。
更にアップダウンが尋常じゃない(@_@)
ルートは、天川村と黒滝村の境界、天川村と五條市の境界になっていて、尾根伝いで上り下りが急傾斜を直登直降なのだ。
ここをトレランナーさん達は軽快に進んでいくんだろうか(@_@)

天気良く霧氷があったりでいい日だ。




弥山を望めるポイントもある。


林道に出たりしても、とぼけた標識がトレイルへ戻してくれる。


あの山にも登るのかな。


高城山に11時前に着いた。4時間弱。
特に目標地点を設定してなかったけど、武士ヶ峯まで標準時間1時間のようなので進むことに。

急降下、アスファルトの林道に出て、KOBOの標識はそのまま進めとある。
しかし、時間的にもう着いたであろう時刻に林道を降らされているので、スマホで確認した。
幸い電波届いていて、通り過ぎてたの確認、折り返す。
今年の紹介ルートマップでは山頂たどるみたいなので、昨年から変更するのかな。



はじめてのコースだし、色々あるさ。
しかし、復路またあのアップダウンを帰るのかと思うと、、、気持ちはトレーニングモードにするしかなかった^_^;

つらい、でも足を止めると辛い時間が増えるだけなので淡々と進む。
急勾配を見上げると萎えるので足元だけ見て、一歩一歩進めばいいと諭す。

17時30分着
キツかった、いやいいトレーニングになった。

トータル10時間、27km、累積標高2300m

来シーズンは武士ヶ峯を踏ませてもらおう。。。絶句。


片道分です


0 件のコメント: