2014年12月15日月曜日

2014-12-14大峯:狼平

目覚めると、喉が唾飲み込めないくらい痛い。
こりゃぁお山は無理かなぁ、、、とパソコン触りつつ、
風邪なので家で大人しくして鴻池に奈良マラソンでも見に行くってのも今一つやし、、
幸い起きたのが2時半と早く、ぐだぐだしてたら何となく行く気になれた(笑)

天川村は気温0℃、曇り
役場の駐車場は、選挙のせいかいつもより車が多かった。
いけるとこまで行けばいい的気合いの入りようで、7時発。


送電線からの眺めも、モノトーンの世界になりつつある。


ゲーターは最初から装着していたが、アイゼン無しで栃尾辻。
ここから急登なので、ついに今シーズンお初のスノーシュー装着。
と言っても、前のシーズンからほったらかしでうまく履けるか心配だったけど、何の問題もなく装着できた。

天女の舞は先週行ったしと夏道のトラバースコース方面を眺めていると
何となくイメージ出来たので、行ってみることにした。


特に障害なく、金引尾根分岐へ
先週のように熊渡からどなたか登ってきてないかと期待したけど、今日は誰もいない。
ただ、弥山方面へ登っていくスノーシューの新しい跡が一つ続いていた。

風は林に遮られているのかほぼ無風。
青空でないけれど、落ち着いた天気だ。



トレースは夏道をそのまま進んで、頂仙岳のトラバースも大丈夫。
先行者にご挨拶して、レンゲ道の分岐へ。

この天気だからレンゲ道行っても弥山拝めないだろうと、今回は狼平の方へ向かった。
腰に付けた温度計は、-8℃。

11時、本日の狼平


小屋でおにぎり休憩していると、先ほどの登山者がやって来た。
弥山へ行かれるのか尋ねると、時間的にどうだろうとためらわれていた。
自分も、12時までいけるとこまでと思っていたのでまあ無理だろうと思いつつ、少し登ってみた。
はっきりとしたトレースがあったので迷う心配はなかったが、2つ目の鹿よけの柵あたりで気持ちが折れた^_^;
膝が悲鳴上げる前に戻りましょう。



無理しなかったのは正解で、林道から川合への坂を降りて行く頃には膝が痛みはじめた。

15時30分着、トータル8時間30分。


膝はまた一週間バンテリン漬けだ^_^;
次回は弥山・八経ヶ岳を拝みたいなぁ。







2 件のコメント:

katsu♨ さんのコメント...

雪の大峰、雪の狼平!
幻想的でいいですね〜♫
今期は狼平でテン泊したいと考えています。
夏道で行けるのか?尾根通しなのか雪の多さやトレースの有無によって大きく変わりますね。
またヒント教えてくださいね♫

jyd nikkor さんのコメント...

katsu♨さん>
熊渡からのトレースはいつも必ずと言っていいほどありますから、
金引尾根分岐までは大丈夫として、その先が毎回状況違いますね。
狼平までは迷う心配はないですから、その日の大峯を堪能できますよ、きっと(^o^*)/
今日明日の寒波で、週末はどうなってるんでしょうね。
狼平から弥山までは、私はまだトレースなければルーファイできないんです、
気候もグッと変わりますし、スノーシューを武器に毎週のように楽しみたいです:-)