2018年10月13日土曜日

2018-10-13台高:明神平(桧塚・千石山・薊岳)

大普賢岳の水太覗からの紅葉を観たいんだけど、
ヤマレコのレポ見てるとまだまだのようで、
今週は気温も下がったので、久しぶりに明神平の定番コースへ行ってみることにした。

6時、大又の駐車場発

うまく眠れなくて1時頃目覚めて、録画のお笑い見て覚醒して、
3時過ぎに家を出発して、大又には夜明け前の5時前に着いたが、
眠くて仮眠してこうなった^_^;

そして、今回はスマホを忘れてGPSログなし^_^;

まずは、桧塚へ。
これは前山の辺り、別段何でもないんだけど(笑)


明神岳から下ります


落ち葉が多くて、いつもにも増してルートが分かりづらい。
気を抜くと森に迷い込んでしまいそうな緊張感を持ちつつ、
無音の森をサクサクと足音を響かせ一人駈けるのは贅沢だと思う。

8時30分(2.5H)桧塚
ガスってる。そんなの気にしないけど。
ログがないので今日は証拠写真^_^;


お次は千石山へ

笹ヶ峰越えた辺りかな
何年も何十年も積み重なった落ち葉をサクサク踏んで行きます


10時(4H)千石山
台高縦走南景、薊、明神岳を望んで折り返します


お次は、薊岳。
桧塚・千石・薊、これが定番コースなんだもの、
いきつけの床屋で「マスター、いつものようにかっこよくきめて」って言ってるようなもんだ(^o^*)/
お決まりのリラクゼーション。

11時30分(5.5H)薊岳


下山はケガなく降りましょう
13時30分(7.5H)着


久しぶりに明神平を堪能できた(^o^*)/

















2018年10月7日日曜日

2018-10-07大峯:阿弥陀ヶ森(黄葉)

ここ連続週末は台風やらなにやらで山行出来ず。
体の毒素がたまりまくりで先週は体を壊し、3kgスリムになった^_^;
体力というか体全体が弱っているのでとりあえずリハビリの大峯となった。

6時半、母公堂の駐車場もほぼ埋まってたけどなんとか車を止めれた。
準備していると、レースに出るようなトレランさんお二人が先を進んでいった。
早駈だろうねぇ、でも倒木とか大丈夫かな、お一人は生足出してたけど。。。

いつものように、うだうだ準備して、7時発

稲村へのトレイルも沢の崩れが拡大してたりして、
シルバーさんには酷かもしれない状況だった。

稲村小屋からレンゲ辻へは足跡もなく笹が多いのでレインパンツ装着。
誰もいないだろうと思っていたら、前からお一人。
清浄大橋からレンゲ坂谷を登ってこられたとのこと。
なんで参道を登らなかったのかと聞くと、そんなルートあったの?だって(@_@)
GWもそうだけど色んな人が大峯にやって来てるようだ。
その先も数人のハイカーさんとすれ違った、なんだろね^_^;


結界を抜けて急勾配。2/3ぐらい登ったところで、巨木が階段を塞いでいた(@_@)


傾斜があるのでクリアしづらい。
更に奥にもう一本塞いでいて、これは這いつくばってクリアした^_^;

大峯山寺はその時お一人だけおられたぐらい。
奥駈道を進むと、朝のトレランさんの足跡を発見できた。
かなりのスピードでどろたまりに突っ込んでいたり(笑)


カエデの黄葉が綺麗


小笹の宿の小屋は太い枝が飛んできたのか穴が空いてた(@_@)


ここから先は倒木だらけだった。それも巨木なのでスゴイんだもの(@_@)
こんなのは序の口


ひどすぎて写真に撮れない。

トレランさんたちは引き返さなかったのかと先をゆくと
足跡は無事に先に続いているようだった。

病み上がりでもあり、阿弥陀ヶ森の結界で折り返すことにした。
行所のプレートも逆立ちしていた^_^;


時間に余裕あるので竜ヶ岳辺りをぶらぶら


すると数人の若者ハイカーさん。
どこまで行くのと聞くと弥山を超えて周回するとのこと(@_@)
この時間(12時)からだと暗くなっちゃうっよというと、失笑していた。
お楽しみにね。

お天気は良くなる傾向


強風に耐えて黄葉


山上ヶ岳で弥山望めるか、パン食べて数分待ったが
ガスに覆われてありそうにないのでさっさと下山開始。

清浄大橋から母公堂へは研究路を通っていく。


整備されて綺麗ですよ、オススメです。


14時20分着

トータル7時間20分、20km、累積標高1300m




感謝







2018年9月24日月曜日

2018-09-23大峯:弥山周回

ここしばらく週末は天候不良が続いて、約一ヶ月ぶりの山行だ。
久しぶりなので満喫しようと、意気込んで弥山周回+大普賢ピストンの計画で行者還トンネル東口へ。

最近は東側の169からのアクセスがほとんどだ。
天川村から西口への309は道幅狭く特に帰りが対向車とのすり替えが面倒だし、
京奈和自動車道は飛ばせても、24号橿原と郡山の渋滞がきつい。
一方169は桜井市内が少し渋滞するが、それ以外はスイスイ行けて、
2時間ちょっとで帰宅できる。
169までの309も道幅は比較的広く、速い車に道を譲って後ろをついていけば楽チン。

さて、車をトンネル口に停めて準備始めるが、
どうも林道の斜面が大規模に崩落しているよう。

6時発

少し林道を進んでトンネルの方を振り返るとこんな感じ。


も少し進んでトンネル側を見るとこんな感じ。


排水管も無残に宙に浮いている(@_@)


今日は何とか行けたけど、もう一度崩壊すると東口の登山口へは使えなくなるかも。

淡々と登って、奥駈道。
さっそく巨木が倒れてトレイルを塞いでいる。


こんなにどんどん倒れてハゲ山にならないかな。。。


天気は良くて弥山もクリアに眺められた。


奥駈出合いからはハイカーさん沢山。
人気がどんどん上昇してる感じだ。

淡々といい感じで登れてる。1ヶ月のブランクはあまりなさそう。

こんな紫色の小さな花がぽつぽつと咲いていた。


9時、弥山
高度ある秋の雲が空を覆っていた。


八剣山へ向かうところで、体力ダウン^_^;
ブランクのせいかと思ったけど、スタート時にアミノバイタル飲み忘れていた^_^;
いつも3,4時間おきに飲んでるんだけど、テキメンに効果出るな。
補給しても効果は30分後からなのでしばし我慢。

山頂から更に進んでレンゲ道を下っていくと、見たこともない倒木の数々(@_@)
これはひどい。ひどすぎる。どうするんだろう。。。

狼平の小屋の中でパン一つ食べて、少し登ったところで水補給。
水はとっても美味しい。

こちら側はそれほど倒木や土砂崩れなどはなかったが、
開けたところはやはり風を受けたのか大木が倒れていた。


弥山に登り返すと今度は晴天だった。
明星ヶ岳をバックに紅葉しかけた八剣山


弥山から降りていくと、若い本物^_^;のトレランさんが数名登ってきた。
彼らはリュックも背負ってなかったけど、早駈なのかな?
ちょっと刺激されてペースアップしちゃったり(笑)

時間早くて行者還の方へ至福のトレイル行けなくもなかったんだけれど、
なんだか今日はもう十分満足しちゃったので、これで下山することにした。

トータル16km、7.5時間、累積標高1450m



 感謝。




2018年9月9日日曜日

2018-09-09その他:悪夢でDNS、日がな暇でヘブンリーブルー鑑賞


『深夜の細い山道を一人歩いていると、前から大型トラックがやってくる。
 ふと見えたドライバーの顔は、中年の小太りのおばさんだった。
 優しそうな顔でトラックの運ちゃんには似つかわしくなかった。
 しばらく進むと今度は後ろから別の大型トラックがやってきた。
 道の脇によけるとトラックも速度を落とし一旦止まった。
 ドライバーは先程のおばさんだった。
 さてはトラック泥棒でもしてるのかと、ダメだよと声をかけ先を歩いた。
 すると急に霧が濃くなり前が見えなくなった。
 振り返ると、すぐ後ろには私に襲いかかろうとしているおばさんが立っていた。』

悲鳴を上げて跳ね起きたのは、寝汗びっしょりの午前3時。

今日はお山はやめよう。。。雨だし。。。^ ^;


日がな暇なので、庭に咲きはじめたアーリーヘブンリーブルーを
iPhone6とD700で撮り比べてみた。

iPhone6


D700

元のサイズの切り出し比較
iPhone6


D700


D700のレンズはもちろんnikkor1.4d 焦点距離 50mm、絞り f/4.5
(最近、静物を撮るときは4.5を使ってる)
iPhoneのレンズはプロパティでは    焦点距離 29mm、絞り f/2.2
(???被写体深度を確保するためになにか工夫してるんだろうか)

編集はNicon Capture NX2。
元のデータがiPhone6の方はJPEGなのでD700のRAWで使える機能が制限されるけど、できる限り工夫したつもり。
花の色が比べると違う印象なのは、葉っぱの色とか全体で調整するとこうなるってところかな。
実際に近いのはD700だけど、iPhone6の発色も画像だけ見ればそれはそれで綺麗だと思う。

シロヤシオやオオヤマレンゲなど花の画像は、
NX2の(RAWでしか使えない)カメラ設定ピクチャーコントロールという機能で、
風景ではなくポートレートを選んでいるので全体に優しい印象になってると思う。

iPhone6上のソフト編集もやりましたが、スマホの画面が小さいなかでの操作なので比較はしませんでした。
スマホの上で色んな印象的な編集できるのは確かですが、また別の主旨になるので。



2018年8月26日日曜日

2018-08-26大峯:大普賢岳・山上ヶ岳

今週もまたトンネル東口からアクセス予定だった。
しかし、168から309に入ろうとしたところで、


規制情報チェックしてこなかったぁ~。
台風通過後だから当然ありうること。不覚^_^;

和佐又への道路は、ブルで落石払ってくれたのかとてもきれい。
(下山時のほうが、落石増えていたような気がする)

6時30分:和佐又発
和佐又山経由でとりあえず大普賢岳山頂へ。

8時30分の弥山 快晴、空気もクリア


12時30分の弥山 雲が出てきて、水蒸気満載。
折り返して比較のために撮影。


当初のコース設定は、トンネル東口から山上ヶ岳まで奥駈道をピストン、
余裕あれば弥山(まあ無理だわな^_^;)だった。
なのでとりあえず山上ヶ岳へ向かう。

奥駈道の小普賢岳過ぎたところで男性おひとりさまと遭遇。
洞川を5時半に出発して七曜岳までピストンとのこと。
かなりペース速い。復路でまたお会いできるかと思ったが叶わなかった。
行者還岳まで行ったのか、大普賢岳周回したのか、怪我されてなければいいのだけれど。

脇ノ宿


台風の影響で倒木多いかと思ったがそれほどでもなかった。
ただ、この一本は根こそぎ倒れて奥駈道を塞いでいた。


小笹の宿


山上ヶ岳から弥山


お堂の中に入って参拝して折り返すけど、天気良すぎて暑くてバテバテ。
大普賢岳周回はパスして、さっさと下山することにした。

下山途中、「ニッコールさん」と女性の方からお声がけ頂いた。
恥ずかしいけど、有難うございます(^o^*)/


トータル7時間、17km、累積標高1360m

感謝。













2018年8月19日日曜日

2018-08-18大峯:弥山・金引尾根分岐・行者還小屋

暑い時期は、標高高い涼しいところで過ごそう。
大峯だ。
先週も、先々週も行った。それでも大峯だ。

あたま:
まず浮かぶコースは、母公堂から山上ヶ岳・大普賢岳までピストンで
山上ヶ岳からは参道を降りて、遊歩道で帰還だけど、

おなか:
定番コースでワクワクしない。

あたま:
観音峯駐車場から登って法力峠・山上ヶ岳・大普賢岳ピストンで、
山上辻から林道に降りて、遊歩道・みたらい遊歩道で帰還はどう?

おなか:
標高の低い遊歩道は距離があって長時間暑そう。

あたま:
トンネル東口から八剣山・金引尾根分岐でピストンして
狼平・弥山で戻って余裕あったら行者還小屋まではどう?

おなか:
(笑)それいいね!


6時:トンネル東口発

晴れてるけど、弥山と八剣山の山頂だけは雲の中。

8時30分(2H30M):八剣山
看板ひねってカメラの方に向けた^_^;


久しぶりの高崎横手を楽しく駈ける。
幼児の腕ぐらいぶっとい蛇がトレイルを横切っていった。
太りすぎてすばやく動けなさそうだった(@_@)

10時(4H):金引尾根分岐の森。
何も変わってなかった。冬場また度々お邪魔します。


折り返してガシガシ登る。タ~ノスィ~(^o^*)/

狼平少し登ったところで給水。

11時30分(5H30M):弥山
八剣山の雲が取れた。


12時30分(6H30M):東口分岐
まだ時間に余裕あるので、行者還小屋まで至福のトレイルをジョグ。


小屋で「レーズンバターロール・マーガリン入り」を一つ食べて折返し。

15時:東口着

トータル9時間、25km、累積標高1900m



右ひざの不調、先々週の熱中症どちらも回復したようだ。
これからまたバリバリ修行しよう(笑)

感謝。