2018年7月16日月曜日

2018-07-15台高:大杉谷

連休でお天気の心配はなさそうだけど、
右ひざの調子が今ひとつなので遠出は難しいかな。
近場で涼めるところってことで、大杉谷で水遊びとした^_^;

前日から大台ケ原に乗り込んで駐車場確保。
あてもなく飲んだくれて、サンダルのまま周回ルートを散歩した。


戻って売店のベンチでしばし横になった。


満天の星を眺め車中泊。
5時半発。
今日は水遊びが目的なのであまり早く出かけても寒いかとのんびり。
酒が消化しきれてなくてしんどいながら、最初は下りなのでぶらぶら進む。
朝の堂倉・光滝は日が射してないのでスルー。
で目的地。


浮き輪に乗った姿を自撮りするつもりだったんだけど、
腰まで水に浸かるだけにしておいた。


帰りの堂倉は輝いていた(^o^*)/
水量も多い感じ。


マイナスイオンが吹き付けてる(^o^*)/


さて、登り返しますか。
何度かたどったルート。右ひざだけが心配。
無理せず坦々と。水分補給は飲みすぎるくらいにとって。
静かなお山を堪能した。

トータル8.5時間、16km、累積標高1350m





2018年7月8日日曜日

2018-07-08大峯:山上ヶ岳

トトロはいませんでした^_^;



母公堂7時発
稲村から山上ヶ岳へ登り、小笹の宿を越えて柏木の結界手前までぶらぶら。
右ひざの調子がまだ戻ってないので、ペース緩めで進んだが、
ノロさにちとイラッときて、復路は参道をいつものペースで降りた。
清浄大橋からは、川沿いに遊歩道をジョグ。13時半着。

トータル19km、6.5時間、累積標高1200m





感謝。





2018年7月1日日曜日

2018-07-01大峯:八剣山

右ひざの違和感あるので、今週もゆっくりハイク。
アクセスは、タイタン道から。
先週と同じく奥駈道はガスガッス。
オオヤマレンゲを期待してたんだけど、イマイチだった。
つぼみは多いのにちょうどいい感じで咲いてくれてなかった。。。

過去の写真ですがどうぞ、ベストショットです。


2014-07-17大峯:オオヤマレンゲ です。

一昨年も豊作でした、よければご覧ください。
2016-06-27大峯:オオヤマレンゲ


トータル14km、6時発12時半着、累積標高1280m


感謝。


2018年6月25日月曜日

2018-06-24大峯:弥山周回

右膝にまだ若干の違和感が残っていたので、
 今週も鎖場とかない無難なコースをゆっくりお散歩だ。  

天川村から309を進んで、トンネル抜けて東口に駐車。
 並べた車の方がひこにゃん付けたDCTさんでした(笑)
 お声がけいただきました。 

自分はいつものようにだらだら準備して、7時発。 
東口から稜線へ上ります。 

この空間を歩くのは贅沢だと思う。


 木の根がね、いいの。 


 艷やか。

 ホトトギスが鳴いている。 


 今年のオオヤマレンゲはアタリみたい。 
つぼみがたくさん、来週再来週見頃だろう。




 八剣山の山頂でDCTさんと少しおしゃべり。 
100キロ超えてるんだって(@_@)  

久しぶりのレンゲ道を下り、狼平から登り返す。 


 深呼吸。 


 トータル8時間、16km、累積標高1500m 右膝、右腰の負担が大きい。 
もう少し調整必要かな。 


 感謝。


2018年6月17日日曜日

2018-06-17大峯:七曜岳

右膝の回復加減を確かめるために選んだコースは、初めてのタイタン道(笑)
行者還を通って、いつものお気に入りの処まで往復すればいい。

309の90番プレートから、6時発。

いつもより、ゆっくりゆっくり、
それでも3週間分の体の毒素が抜けるまで最初の上りはいつもより辛い気がした。

奥駈道に到達すると、弥山の小屋が今にも雲に隠れてしまいそうだったので、慌ててシャッター切った。
けれどこの雲は南から右へ流れつつ消えていくという微妙な均衡を小屋に到着する頃まで維持していた。


いつもの散歩道をぶらぶら。ブナの幹をポンポンしたり。

キジのヒナ達が母鳥と共に直ぐ側からバタバタと飛び出したり。

行者還岳へ登るのは今回が実は2回目^_^;
今回は看板の裏手に進んで、ガスった弥山や眼下に小屋を確認した。
下からいつも見てる絶壁の上にいることになるんだけれど、
崖の手前まで草木が生い茂っているので、
一歩間違えればアウトな感覚があまりない分、逆にビビった^_^;一人だったし。

降りていくと、足元でギャーと鳴く声あり。
ツンツンしても羽をばたつかせて裏返るだけで飛べないみたいだった。


お気に入りの処には大学生らしき団体さんが寛いでいたのでスルーして、七曜岳へ。

折り返して、撮影会。


膝の痛みはないようなので、普段のペースで進んでみた。
時刻も早かったのでタイタンへの分岐を超えて、平坦な奥駈道をここまで。


膝に何も問題なかったけど、病み上がりなのでここで終了。

しかし、タイタンへの下りでは、違和感が出てきて何度かストレッチ・マッサージしてそろりと降りた。


トータル6時間、12km、累積標高1200m

今になって気づいたけど、
ヒザ痛の原因は、発症の数回前から下りをランナーのように激速に降りていたことなんじゃないかな。
その時は別段筋肉痛もなかったから気にしてなかったけど、骨系がいっぱいいっぱいだったのかも。
軟骨の剥離骨折みたいな。検索するとそれらしいのヒットする。
しかし、普段の生活に不自由するほどじゃないから外科的処置はないな。


怪我を癒やしてくれて感謝、さすが大峯。











2018年6月16日土曜日

2018-06-16その他:ひざ痛その後

「アーリーヘブンリーブルー」っていう西洋アサガオを今年は種から育ててみてるけど
順調に双葉をだして、本葉が出てきた(^o^*)/



5月22日の深夜に突然痛みだした右膝。
外科的な処置しないのなら、放置するしかなくそうしていた。
幸い痛みがぶり返すことはなく緩やかに収まっては来たけれど、
もうすぐ1ヶ月だぜ(@_@)

その間、お山に行くという定期的な週末の運動がなくなり、体調維持に一苦労だった。

2週間も過ぎると運動によるカロリー消費が無くなったためか、季節の変わり目のせいか、
食欲がなくなり、それまでの食事の量が食べれなくなった。
朝昼晩の食事のリズムもくるって、胃痛に悩まされ、
することもないので酒の量も増えて、肝臓に普段以上に負担かけたようで更に食欲なくなり。。。
毎日胃薬飲んで、椅子に座ってるのも辛いし、変な汗かくし、頭痛してきてはバファリン飲んで。。。

運動といえば、毎朝20分ほど布団の上で腕立て伏せを含めて体幹体操をやって、
たまには庭の草むしりを少しずつしてたくらい。

昨日からようやく食欲も出てきて復調の兆し。
今日は、意識して栄養とって、明日お山に行こう。
といっても病み上がりなので、ひざの様子見てゆっくり散歩できれば十分なんだけど、どうなることやら^_^;



2018年6月2日土曜日

2018-06-02ベルサイユの薔薇

3時過ぎに目覚めたけれど、膝の痛みでお山は無理だ。

 薔薇が今年は元気そうだから、朝日に映えたところ撮ってみようか。


 切り取って、



 つまらん。


 これも綺麗なんだけれど、、、



 切り取るとすると、今の気持ちは、こうかな。。。

2018年5月27日日曜日

2018-05-27その他:写真サイズ

見たまんまの、光、透明感、その場の空気感をゲットしたいと思ってる。
似たような写真がいくつあるも知らないけれど、見つけた喜び撮っておきたい。
だからデカくて重くてもD700背負ってる。

2018-05-20撮影:大峯のシロヤシオ


 年々、ここのブログも写真サイズ大きくなってるんだけれど、
スマホやコンデジにはかなわない、一瞬を見てほしいんだよね。
 画面が大きいほど、埋没感・没入感が出てその場にいる感じが出てくる。
この先、4K8Kとか進むんだろうけれど、 もっと表現の可能性広がるのを期待します(^o^*)/

2018-02-18撮影:武奈ヶ岳山頂からコヤマノ岳

2018年5月26日土曜日

2018-05-26その他:ヒザ痛

22日水曜深夜(20日の山行から二日後)、右膝の強烈な痛みで目覚めた。

それまでは何ともなかったのに。
 曲げれない、というか少しでも動かそうとすると痛む。

特にぶつけた記憶はないので、先のお山の疲労かと思うけど、 無理せずぶらぶら山行しただけなのでこんなになるかな? 
この歳(54)になって、筋肉痛は1.5日後に発症するのは自覚してるんだけど、
今回のは少し後ろにずれてかなりきつい。
椅子から立ち上がるのに一呼吸必要。階段普通に降りれない^_^; 

もっと歳取ると、この状態が日常になるんだろうか。。。 

特に無理したわけではなく、逆に楽してぶらぶらした先週末だったんだけれど。。。
原因を思案すると、新しいハイドレーションに3Lフルに入れて登ったくらい。
 ????????わからない^_^;

 痛いということは腫れて血流悪いのだからと一応シップする。
 ランナー膝のように臀部おけつ周りの筋が悲鳴上げているのかと、 ストレッチするとなんだか気持ちいい。。。

 てなことで、今週末は流石に出動できず^_^;




2018年5月20日日曜日

2018-05-20大峯:シロヤシオ

先週は比良で1200m辺りできれいに咲いていた。
今週は大峯の稜線1500m辺りが咲いてるだろうと期待。

アクセスは、トンネル東口としてみた。
ここから登るのは初めて。
天川村からの酷道309を避け、吉野から169経由するのが
地図上距離は少し遠くなるけど、橿原の渋滞避けれるし、
こちら側の309の方が道幅が広いので。
天川から行きにトンネルに行くにしても、帰りは169経由のほうが間違いなく楽だと思う。

東口から稜線への上りも、西口からよりも静かな感じでよかった。

7時発、8時稜線とうちゃこ。
今日はシロヤシオがお目当てだし、なんだか体に力が入らないのでハイク。


ちょうど咲き始めたところかな。

快晴!青空に輝く。


朝の光やさしく


木漏れ日の中をゆく


行者の方へ行くか弥山へ登るか迷って、元気があるうちにと登った。



奥駈出合から上は蕾多く少し早かったんだけれど、一応、今週の運動として。
いつものところでZシートに腰をおろして、八剣山は眺めるだけ^_^;

なんども立ち止まって、シロヤシオをゲット。



感謝。





トータル、10km,5時間30分、累積標高1100m
のほほんな山行でした(^o^*)/







2018年5月17日木曜日

2018-05-17アイテム:ハイドレーション

これまで使っていた「ハイドラパック2」が、水漏れするようになった。
車で踏んでも破れないの謳い文句で購入したんだけど。。。

破損場所はココ。
上部の給水口の平らなプラスチック素材に複数箇所ヒビが入った。


水を入れて横にするだけで漏れてくる。
1.5L入れて担いでも、リュックの中で圧迫されて漏れ出す。
ここしばらく、1Lだけ入れてごまかしていたけど、
夏に向けて対策考えないとと、
水枕の金属製の留め具のようなものがないか検索するも見当たらず、
新しいものを検索すると、安く買えそうだったのでポチった^_^;

「AONIJIE ハイドレーション 3L」 1,500円

使ってるミウォック18(かなり旧版)に入り切らないかと心配したが
フルに給水してもなんとか入った。


袋の縦に丸く膨らまないように工夫されていて便利そう。


ハイドラパックはそれがなかったから、一杯に給水すると丸くなって
リュックにものを入れ難かったんだよね。

とはいえ、ハイドラパックも7年間使えたんだから十分満足ですm(_ _)m
使い方は、「110321 Hydrapak Ⅱ」に記載したとおり
入れるのは水のみなので、中を洗ったことなし、水で濯ぐだけ。
シリコンの噛みバルブは疾うの昔に何処かに行ったけど、レースしてるわけでないので別に問題なし。


給水口がハイドラパックと同じ形状で更に狭いので、
今回と同じ破損するのではないかと心配するけど、大丈夫かな。安かったし。
漏れて、カメラや装備品が濡れないかな。

とりあえず、今シーズンからこれで行ってみます(笑)