2018年10月13日土曜日

2018-10-13台高:明神平(桧塚・千石山・薊岳)

大普賢岳の水太覗からの紅葉を観たいんだけど、
ヤマレコのレポ見てるとまだまだのようで、
今週は気温も下がったので、久しぶりに明神平の定番コースへ行ってみることにした。

6時、大又の駐車場発

うまく眠れなくて1時頃目覚めて、録画のお笑い見て覚醒して、
3時過ぎに家を出発して、大又には夜明け前の5時前に着いたが、
眠くて仮眠してこうなった^_^;

そして、今回はスマホを忘れてGPSログなし^_^;

まずは、桧塚へ。
これは前山の辺り、別段何でもないんだけど(笑)


明神岳から下ります


落ち葉が多くて、いつもにも増してルートが分かりづらい。
気を抜くと森に迷い込んでしまいそうな緊張感を持ちつつ、
無音の森をサクサクと足音を響かせ一人駈けるのは贅沢だと思う。

8時30分(2.5H)桧塚
ガスってる。そんなの気にしないけど。
ログがないので今日は証拠写真^_^;


お次は千石山へ

笹ヶ峰越えた辺りかな
何年も何十年も積み重なった落ち葉をサクサク踏んで行きます


10時(4H)千石山
台高縦走南景、薊、明神岳を望んで折り返します


お次は、薊岳。
桧塚・千石・薊、これが定番コースなんだもの、
いきつけの床屋で「マスター、いつものようにかっこよくきめて」って言ってるようなもんだ(^o^*)/
お決まりのリラクゼーション。

11時30分(5.5H)薊岳


下山はケガなく降りましょう
13時30分(7.5H)着


久しぶりに明神平を堪能できた(^o^*)/

















2018年10月7日日曜日

2018-10-07大峯:阿弥陀ヶ森(黄葉)

ここ連続週末は台風やらなにやらで山行出来ず。
体の毒素がたまりまくりで先週は体を壊し、3kgスリムになった^_^;
体力というか体全体が弱っているのでとりあえずリハビリの大峯となった。

6時半、母公堂の駐車場もほぼ埋まってたけどなんとか車を止めれた。
準備していると、レースに出るようなトレランさんお二人が先を進んでいった。
早駈だろうねぇ、でも倒木とか大丈夫かな、お一人は生足出してたけど。。。

いつものように、うだうだ準備して、7時発

稲村へのトレイルも沢の崩れが拡大してたりして、
シルバーさんには酷かもしれない状況だった。

稲村小屋からレンゲ辻へは足跡もなく笹が多いのでレインパンツ装着。
誰もいないだろうと思っていたら、前からお一人。
清浄大橋からレンゲ坂谷を登ってこられたとのこと。
なんで参道を登らなかったのかと聞くと、そんなルートあったの?だって(@_@)
GWもそうだけど色んな人が大峯にやって来てるようだ。
その先も数人のハイカーさんとすれ違った、なんだろね^_^;


結界を抜けて急勾配。2/3ぐらい登ったところで、巨木が階段を塞いでいた(@_@)


傾斜があるのでクリアしづらい。
更に奥にもう一本塞いでいて、これは這いつくばってクリアした^_^;

大峯山寺はその時お一人だけおられたぐらい。
奥駈道を進むと、朝のトレランさんの足跡を発見できた。
かなりのスピードでどろたまりに突っ込んでいたり(笑)


カエデの黄葉が綺麗


小笹の宿の小屋は太い枝が飛んできたのか穴が空いてた(@_@)


ここから先は倒木だらけだった。それも巨木なのでスゴイんだもの(@_@)
こんなのは序の口


ひどすぎて写真に撮れない。

トレランさんたちは引き返さなかったのかと先をゆくと
足跡は無事に先に続いているようだった。

病み上がりでもあり、阿弥陀ヶ森の結界で折り返すことにした。
行所のプレートも逆立ちしていた^_^;


時間に余裕あるので竜ヶ岳辺りをぶらぶら


すると数人の若者ハイカーさん。
どこまで行くのと聞くと弥山を超えて周回するとのこと(@_@)
この時間(12時)からだと暗くなっちゃうっよというと、失笑していた。
お楽しみにね。

お天気は良くなる傾向


強風に耐えて黄葉


山上ヶ岳で弥山望めるか、パン食べて数分待ったが
ガスに覆われてありそうにないのでさっさと下山開始。

清浄大橋から母公堂へは研究路を通っていく。


整備されて綺麗ですよ、オススメです。


14時20分着

トータル7時間20分、20km、累積標高1300m




感謝