2020年3月30日月曜日

2020桜

今年の桜アップします。奈良公園の東大寺から二月堂、春日大社辺りの撮影です。
<もう少し追加すると思います。>


「花曇り瓦の黒の淡きかな」





「糸桜雨やみてそよ春日杜」

「房ごとに世の中ありて花開く」

「八千代かな枝垂れ桜の春日杜」

「花ゆらり鐘をつきしはみつきまえ」




2020年3月27日金曜日

2020-03-26比良:武奈ヶ岳

週末は天気崩れるということで、その前にと山へ行ってきた。
大峰はまだ雪が残ってるようなので、先週に引き続き、比良へ。
今回は武奈ヶ岳は登るんだけれど、コースは特に決めずに適当。

8時、大津ワンゲル登山口発

割と低いところで、ヤマツツジが赤紫に咲いていた。写真撮りそこねたけど^_^;

釈迦岳から八雲ヶ原へ。
少し手前から、コヤマノと武奈を望む。


コース色々あるけどとりあえず登るかと、
イブルキノコバから谷沿いにコヤマノ分岐で武奈ヶ岳へ。

10時30分

コヤマノかすめて春霞の琵琶湖


セブンのマーガリン入りレーズンパン一つ食べて、西南稜へ。
コヤマノの山容は一日眺めていても飽きなさそう。


ワサビ峠から中峠へ渡り、コヤマノへ登り返して、少し物足りない感を残しながら下山することにした。

直登ルートを芹生杉を眺めながら下って、途中でヨキトウゲ谷へ降りて、
八雲ヶ原方面へ沢沿いを散策し、北比良峠へ。


先週も来たけど、ここからの景色は素晴らしい。
ここでもパン一個補給。

ダケ道の下りは、割と快調にステップ踏めた。

15時着。

トータル7時間、16km、累積標高1600m

右膝は痛み出ず、大丈夫だった。
体力もだいぶ回復してきたと思うので、次回は大峰かも(笑)




2020年3月22日日曜日

2020-03-21比良:縦走(木戸峠・北比良峠)

ヤマレコで数日前の寒波の影響が収まったのをチェックして、久しぶりに比良に行くことにした。

6時30分 大山口のトイレ前発

今日は武奈ヶ岳目指さずに、縦走路を琵琶湖を眺めながらブラブラするつもり。
とりあえず、金糞峠まで直登。そこから蓬莱山方面へ。

8時頃の琵琶湖。春霞です。
「春なれや湖面のひかり朧にて」
芭蕉の「辛崎の松は花より朧にて」「春なれや名もなき山の薄霞」のもじりです^_^;

いろんな木の芽が膨らみ始めてます。
これはシロヤシオかな?


烏谷山手前の見晴らしから、琵琶湖大橋方面


烏谷山山頂からの展望。春霞です。


葛川越へ降りる手前から、蓬莱山方面。
ゲレンデ一本作ってありそうだけど、やってるかな。


下って、登って比良岳へ。
何度も通ってるから承知してるけど、このアップダウン地味にキツイんだよね。

のどかな森を通って、木戸峠。
BGMが流れて、リフトが動いて、多くの人がスキー楽しんでいた。
場違いな雰囲気に飲まれそうで、そそくさと帰路についた。

足腰の負荷が次第に重くなってくるも、お天気の琵琶湖を眺めてのスカイランで、気持ちいい。

今日は、昼用のパンも、補給のアミノバイタルも忘れてしまって、バテバテ。
チョコやら飴やらの行動食と水と水に溶かしたサプリを多めに補給。
お天気良くて、汗もたくさんかいた。

下りは、膝に優しいダケ道で降りようと、北比良峠へ。
13時頃で、多くの方がくつろいでいた。私も腰を下ろしてのんびり。


コヤマノ、武奈はまた今度。無理せず今日はコンプリート。


14時着。

トータル7時間30分、16km、累積標高1550m

右膝に痛みが出なくてよかった。
来週は大峰に行けるかなぁ、もいちど比良で、草木の芽吹きを楽しむのもいいかも。