2022年10月2日日曜日

2022-10-01大峯:大普賢岳(81)90番から

 今週末は土日いずれも晴れ予報だったが、

空気が乾いてるんじゃないかと北寄りの風の土曜を選択した。


6時半発


準備してる間にも何台か東口へと車が過ぎていった。

おそらく八経ヶ岳は大賑わいだろう。大普賢岳もそうだろうけれど。


タイタン出合から八経ヶ岳

弥山への稜線が色づき始めている。


大普賢岳方面、秋の雲が爽やか


久しぶりのこのルート、

お気に入りの場所は昨年までの倒木に更に新しいのが折り重なって大丈夫かと心配になる。


七曜岳から八経ヶ岳、手前が行者還岳


アップダウンを繰り返しながらとりあえず山頂へ

人がどんどん登ってくる。


山頂は写真だけ撮ってサクッと水太覗へ

こっちのほうが大普賢岳を拝めて展望もいい。パンx2食べて、SNSアップして。




大普賢岳も色づき始めている


倒木はあるあるだけど、七ツ池少し北のはトレイルを遮ってややこしかったかな。


いつものところに戻って空を見上げる。


行者還小屋を過ぎて軽いアップダウンが続く稜線のトレイルはやはりプライスレス


最後にタイタン出合で弥山・大普賢岳を拝んで90番へ降りた。


トータル 7時間30分、13.5km、累積標高1420m


ちなみに前回の八経ヶ岳への記録は

トータル 7時間30分、14.5km、累積標高1370m

ってことで、時間、距離ほぼ同じなのに、標高低い大普賢岳への方が累積標高が高いのは

アップダウンをそれだけ楽しませてくれるってことなんだよね。

鎖場もあるしアスレチック的な楽しいコースです


感謝。



2022年9月26日月曜日

2022-09-25比良:武奈ヶ岳

 かなり久しぶりな比良山系

いつもの大津ワンゲル登山口には6時前に到着したが、すでにたくさんの車が止まっていた。


6時15分発


お決まりのワンゲルを淡々と登る

標高300mから1100m弱の釈迦岳まで800mを約1時間半

山頂の標識から少し北に進むと湖北の集落が見える


とりあえず八雲ヶ原まで進んで、今日はすぐに武奈ヶ岳へ登らず沢沿いを南下した。

台風の影響か、沢を渡る手作りの丸太橋がいくつか流されていた。


流されるのは良くある事で、橋の一端にはトラロープが付けられていて、

下流まで流されないようにされてるので、また引き上げて設置されるんだろう。

今回この箇所は自分で大きめの石を投げ込んで足場を作って渡ったw


金糞峠からの合流地点までは行かず、

手前のコヤマノ直登ルートの鞍部へ直接つながるマイナールートを進んでみた。

約300mの上りで大峰で言うと理源大師から弥山までぐらいだけれど、

こっちのほうが楽に思えるのは、傾斜の違いか、空気の濃さの違いかよく分からないw

上の方はブナの青葉が台風でたくさん地面に敷き詰められていた。


武奈ヶ岳への上りルートは、これまでの冬道が踏まれて定着してる。

山頂から、コヤマノ・蓬莱山方面


東方面


湖北方面


西方面


動画でもどうぞw




南寄りの風予報だったので霞んでるのはしょうがない。

SNS投稿して、パン食べて、足腰柔軟して、下山用に靴紐結び直して、

下山ルートはいくつもあるんだけれど、今日は八雲ヶ原への直登ルートとした。

というのも、ゲレンデの途中に白い石が落ちてるところがあって、

家の庭の鉢とかに飾るようにいくつか持って帰ろうと思って。


最後は傾斜の緩やかな膝にやさしいダケ道で大山口へ着地


トータル 6時間15分、14km、累積標高1400m

これから秋のシーズン、お山が楽しみw



2022年9月22日木曜日

2022-09-21大峯:ご褒美の八経ヶ岳(136)90番から

 台風が過ぎて二日目。

気になる309の落石もブルで処置された痕が早朝の路面に見られた。

ありがとうございます。


今回も懲りずに90番から八経ヶ岳を目指す。


6時40分発


登山道は折れた枝や、どんぐり他たくさんの青い木の実木の葉が落ちていた。

タイタン広場から大普賢岳

ガスで隠れそうだったので一枚


今日は移動性高気圧でこれまでと真逆の北寄りの風予報だからどうなることやら。

タイタン出合に出ると、周りはガスガスでお山を拝むどころの話ではないw




少し進むと、腐った大木が突き刺さってる。

こんなのあったっけ?と思ったら、折れて垂直に着地したようだった。


また少し進むと、おサルの集団が東から西へ奥駈道を横切っていた。




1516Pは展望ないだろうとスルーしたが、過ぎたところで南側は展望あるのに気づいた。

釈迦ヶ岳も望めて、大峰山系の尾根に雲龍が見えた。


気温は15℃前後で風があってもブレーカ着てちょうどいい感じ。

理源大師の少し先に倒木が折り重なっていた。


少し脇にそれて大木2本ほどまたげば道に戻れるようだったけれど、ややこしいかな。


1700m越えたあたりで、雲海から顔を出す大普賢岳が見えた


ということは、八経ヶ岳は雲の上ってことじゃないかw

気持ち焦って丸太階段登るw


弥山のいつもの所からがっつり拝めました。

今日は山頂へ向かいます。


苔も日が差してきれい


コルから八経ヶ岳

西から秋の雲がやって来てます


山頂は貸切状態w

南は晴れて、北西は雲海、上空に秋の雲が寄せてます




お決まりの大普賢岳方面


雲が近い


ヒュンヒュンと風を切る音がすると思ったら、燕のような鳥が何匹も飛び回ってる

スマホで撮ってみたけれどどうでしょ






デジイチでダメ元でシャッター切った。


ツバメのようにおしりがハの字になってる。

腰辺りが白い。燕よりやや大きめ。見た目は写真よりグレーに見えた。

よくわからないけど、勝手に歓迎してくれてるように思うw


あらためて超広角で明星ヶ岳から西方面


30分ほど滞在しただろうか。

ここしばらく何度も通って、ようやくご褒美頂けた気分だ。


下山してタイタン出合から最後に弥山を望むと、

高気圧はすでに過ぎたのか風の向きが変わり水蒸気で霞んで見えた。


トータル 7時間30分、14.5km、累積標高1370m


おサルに遭遇して、つばめ?が歓迎してくれて、雲海と秋の雲が演出する八経ヶ岳

かなり有り難い貴重な山行となったと思う。


さすが大峯、感謝。