2020年9月15日火曜日

2020-09-07その他:左膝損傷

 二日前の5日に右膝の様子を見ながら無難に山行できたと思っていたら、

二日後の月曜に左膝が痛みだした。

右をかばいすぎて左に負担がかかったのだろう。

左膝が痛むのは初めてだ。

二日後ってのは、筋肉痛みたいな遅延だろう。

右が傷んで左がやられたら、もう歩けないと予想はしていた。

今は右が回復してるからなんとかなっているが、冷や汗モノだ。

症状は右とほぼ同じ、お皿の下側、上側、裏側とまんべんなく痛みが移動したり、

腫れて熱を持ってるので湿布してみたが、逆効果な感じでやめた。

痛み止めで日常はなんとかこなしてるけれど、まいったな。

回復傾向ではあるけれど、これからの山行どうしよう。。。

ロコモア試したり、Q&Pコンドロイザー飲んだりしてるけど、効果感じられないなぁ。


体重下げる努力してみるとすれば、断食かなぁ。


しばらくは、奈良公園へ子鹿を見に散歩ぐらいしかないか。





2020年9月6日日曜日

2020-09-05大峯:七曜岳90番から

 台風が迫る中、東寄りの風がまだ弱い土曜に行ってきた。

先週と同じ90番から、今回は行者還の方へのんびり散策。


6時20分発


稜線に出ると、空気が澄んでいて弥山、大普賢岳がクリアに望める。


朝の日差しが爽やか


トリカブトの紫色の花びらも朝の日差しを受けて輝いている。


なんとなくシダの影


台高山脈もクリアに望めてる。


ふんころがしもなんとなく景色になってるかなw


熊に遭遇w。

行者還岳と七曜岳のちょうど真ん中あたり、西側にトラバースして少し日陰のあたり

がさごそ音がするので、鹿かと目を向けると木の上から熊があわてたように降りてきて、谷下に逃げていった。

10m程離れていたので特に恐怖感はなかった。


9時20分 七曜岳 今日はここまでとした。


まだまだ弥山はクリアに望めてる。手前に行者還岳


岩の上に立つと、大普賢岳の頭も望めた。


復路もゆるりと景色を愛でて


奥駈道を歩く


12時着


トータル5時間40分、9km、累積標高920m


とても清々しいお天気で奥駈道を堪能できた。

右膝のリハビリはこれでおしまい。弱い膝をケアしながら次からはまたストイックに行ってみようw。


感謝。


2020年8月30日日曜日

2020-08-29大峯:八経ヶ岳(117)90番から

 暑いときは高いところへ行くということで、八経ヶ岳。

90番からとして、いつもなら弥山周回もするんだけれど、右膝の回復に自信がなかったのでゆっくりピストンとした。


5時45分発


朝は快晴、稜線へ登る途中からの大普賢岳


稜線に出て、弥山・八教もクリア


気温18℃程で奥駆道の緑が爽やか


トリカブトが咲きだしていた。

朝日を受けて輝いてたんだけれど、ちょっと撮影ミスったw


一ノ峠から稜線歩きしてると、もう雲が山頂にかかり始めた。


トリカブトはそこかしこに咲いていた。


奥駈出合からはハイカーさんが現れる。

坦々と登ると次第に雲の中へ、弥山のトリカブトは満開状態


そのまま八経ヶ岳へ。

鞍部から、今日は八教のお姿見れないかと思っていたので一枚


9時30分 山頂

マーガリン入りレーズンパンx2食べて、SNS投稿


弥山に戻って、いつものアングルでかろうじて八教の姿を捉えた。


お昼から天気が崩れる予報だったし、長居せずに下山開始。

どんどんハイカー山登ってくるけど、雨降り覚悟なのななぁ。

下りは、膝に負担かけないように慎重に足をおいていった。

たまに膝周りをマッサージするといい感じだった。


13時着、トータル7時間、14km、累積標高1300m


いつもながら良い山行でした。 感謝。