2016年1月24日日曜日

2016-01-24大峯:坪内林道


雪が殆どなかった今シーズン、ついに寒波がやってきました(^o^)/
大峯も積っただろうか、天気予報はいまいちだけどともかく様子見に行かないと。

一番の勘所は、天川村役場までノーマルタイヤで辿り着けるかどうかだろう。
要注意で運転したけれど、長い2つのトンネルの少し手前のワインディングロードで、
タイヤスリップで車体が振れ、操縦不能を知らせる警告音を鳴らしてしまったり^_^;
2つ目の長いトンネルを抜けると、路面は真っ白だった。
ガードレールにぶつからないように、ゆるゆると降りて、なんとか役場につけた。

気温は-4℃。
冬のフル装備で出発。もちろん、お楽しみスノーシューを担いでいく。
グランドにもしっかり積もっているので横切って、
06:45登山口


植林地帯の中もしっかり雪が積もっている。

最初の鉄塔、細雪で遠くが見えない。


アイゼンはまだ付けてないけど、やはり足元が頼りないので歩幅狭くなり気味。
風が吹き付けるところは、頬の感覚が無くなってしまいそうになる。
フードを深く被って、エイホ登る。

写真では判りにくいけど、林道手前の鉄塔辺りの尾根は、風が強く地吹雪のよう。
(帰りには、10分前の自分の足跡が無くなっていた(≧ロ≦)


ようやく林道に出て、風の影に入って一息。

-9.2℃


吹雪いて視界はこんな感じ。


いつものように林道を進もうと通行止めのゲートを越えてはみたけれど、
10m程で引き返した。

「時間も早いし、せめて天女の舞まででも良いんじゃない?」
「いや、行っても景色は望めなくて吹きさらしでしょ。」
「林道をジョギングするだけでも良いんじゃない?」
「はぁ?、何もオモロくないぜ。」

08:25撤収決める


でも、勿体ないからもうちょっと行ってみようかと、
もう一度ゲートを越えてはみたけれど、やっぱり地吹雪で進む意欲を断ち切られた(≧ロ≦)

下山途中、お一人様、お二人様に遭遇。上の様子を伝えてエールを送った。


09:35役場着(グランドにて)


車の上には雪がこんもりと積もっている。
帰れるかなぁ、心配になってきた。

汗もかいてないし、雪が止まないので、着替えもせずにすぐさま車を走らせる。
町の人達は雪カキしてる。
道は来る時よりも白くなっている。気温もマイナスのままだ。
20Km/h以下の超低速運転で、後続車には前に行ってもらい、
黒滝の手前で着替えようと車を停めてみたけど、ここでも-5℃で寒くって車に戻った。


出発地点から雪の中を進めれたので良かったけれど、
-10℃で横殴りの吹雪は、私の今の仕様では無理だ。
でも、ウエアを対策するより、天候を選ぶかな^_^;

こんなに車道が白い309は初めてだったけど、事故もなくいい経験させてもらった。
今シーズン、まだパフパフ出来てないし、こうなったら、会社休んでもチャンス逃すまじ(笑)

2 件のコメント:

紀州のカモシカ さんのコメント...

この低温と吹雪、奥崖道を駆け巡っているトレランさんでも引き返しますか。今日明日は相当冷え込むようで山にはよう行きません、家の周りの散歩で終わりです。

jyd nikkor さんのコメント...

紀州のカモシカさん>
雪山は晴れてないとなんにも面白くないですね。
でもまあ、一応雪の中でのトレーニングになりました。
お山というより今回は天川村までの道路状況が面白かったです。
事故なくて良かったです^_^;